新着情報

2017.08.17

マスコミ取材:当院の院長が、朝日新聞・週刊新潮・女性セブン・週刊現代・わかさの取材を受けました。

マスコミ取材:当院の院長が、朝日新聞・週刊新潮・女性セブン・週刊現代・わかさの取材を受けました。
●朝日新聞(2016年10月29日)
 https://www.nishiyaent.com/news/488/
●週刊新潮(2017年5月25日、6月1日)
 https://www.nishiyaent.com/news/624/
●女性セブン(2017年7月6日)
 https://www.nishiyaent.com/news/635/
●週間現代(2017年6月19日、7月20日)
 https://www.nishiyaent.com/news/638/
●わかさ10月号(2017年8月16日)

2017.08.08

テレビ東京:【主治医が見つかる診療所】8月7日(月)に当院の院長が出演しました。

テレビ東京:【主治医が見つかる診療所】8月7日(月)に当院の院長が出演しました。
~のどを鍛えて10歳長生き~
詳しくは、下記URLをご参考ください。
http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/backnumber/170807/index.html

2017.08.04

BSフジ:8月5日昼13時からの番組『水前寺清子情報館』に当院の院長が出演しました。

BSフジ:8月5日昼13時の水前寺清子情報館に当院の院長が出演しました。
水前寺清子情報館:http://www.bsfuji.tv/johokan/
番組内容:http://www.bsfuji.tv/johokan/14.html
テーマ:誤嚥性肺炎を防ぐ健康法

2017.08.04

マスコミ取材:週刊現代(2017年7月20日):真夏が怖い誤嚥性肺炎の正しい治療法と予防法

週刊現代の『真夏が怖い誤嚥性肺炎の正しい治療法と予防法』の取材に日本大学歯学部教授:植田耕一郎教授と当院の院長の対談し、記事が掲載されました。

週刊現代の記事詳細はこちら >

2017.08.04

マスコミ取材:女性セブン取材(2017年7月20日):話題の長生き法総力取材

女性セブン『話題の長生き法総力取材』に当院の院長が取材を受けました。
テーマ:のどを鍛えて寿命を10年延ばす

掲載記事の詳細はこちら >

2017.07.20

2017年7月20日:毎日新聞に当院の院長のコメントが掲載されました。

2017年7月20日:毎日新聞に当院の院長のコメントが掲載されました。

どうすれば安全安心
誤嚥性肺炎の予防策 のど仏周辺Mの筋トレを
https://mainichi.jp/articles/20170720/dde/012/040/004000c

今や肺炎は、がん、心臓疾患に次いで日本人の死因の第3位になった。その多くに「誤嚥(ごえん)性肺炎」が関係しているらしい。自覚症状がない場合も多く、知らない間に病気が進行していることがあるので注意が必要だ。その原因と基本的な予防策をまとめた。【田村彰子】

2017.07.04

マスコミ取材:7月13日木曜朝8時より、TBSテレビ:ビビットで嚥下障害と誤嚥性肺炎の取材をうけました。

マスコミ取材:7月13日木曜朝8時より、TBSテレビ:ビビットで嚥下障害と誤嚥性肺炎の取材をうけました。

2017.06.20

2017年6月20日:テレビ朝日、グッドモーニングで院長の書籍が紹介されました。

2017年6月20日:テレビ朝日、グッドモーニングで院長の書籍が紹介されました。

2017.05.30

当院の院長が、週刊新潮の『誤嚥性肺炎』に関する取材を受けました。

当院の院長が、週刊新潮の『誤嚥性肺炎』に関する取材を受けました。
肺炎は、日本人の死因第3位で、なかでも増えているのが『誤嚥性肺炎』です。
有名人の方も誤嚥性肺炎でお亡くなりになられています。

取材記事について詳しくはこちら >>
院長の誤嚥性肺炎についての書籍はこちら >>

2017.05.25

嚥下障害で初めて受診される方は、診察と検査に約60分必要なので予約診療が原則です。

嚥下障害で初めて受診される方は、診察と検査に約60分必要なので予約診療が原則です。お電話にて、受診日をご予約し、受診時には主治医の紹介状、今までの経過メモ、お薬手帳をご持参ください。

西山耳鼻咽喉科医院

1 2 3 4 5 6 7